読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

心肺微弱による蘇生手術も。心音微弱のまま快方へは至らず。

先日この手で何度目かの心肺蘇生の外科手術を行いましたが、


一時は息を吹き返すも、心音微弱のまま快方へは至りませんでした。


私にはブラックジャック先生の様に、上手くは行えませんでした。











なんだか勘違いされるとまずいので、早目に申し上げますが



擬人化しておりますが



蹄(ひづめ)という名前の



バイク(HONDA FTR223)の、



経年劣化によるバッテリー上がりで起こる


エンジン始動不具合についての



修理作業の話です。






ええ、バイクの修理を



人のそれのようにアレ(妄想)してしまいました。




まんがブラックジャックは好きですが、


大学は経営学部出で


もちろん医学、医術経験は皆無です。





当方軟弱ライダーなので


冬の間は寒いからバイクに乗らないので


放電が進みバッテリーが上がりやすくなってしまうんですね。



春になったので久々に乗りましたところ



予感的中バッテリーが上がってしまいました。



ということで今年初となる蚊に刺されながら、




蘇生手術を施しました。

 


外部から、バッテリー(皮下脂肪)に直で電気(エネルギー源)を供給しつつ

f:id:WakWak:20140507005818j:plain


f:id:WakWak:20140507005859j:plain


エンジン(心臓)をかけガソリン(ご飯)を消費し走りながら充電(エネルギー貯蔵)したのですが


エンジンオイル(血液)やサスペンション(関節)等の足回りは問題ないのですが、


やはり放電が進み過ぎていて(絶食がたたりガリッガリになり過ぎていて)、

満足にバッテリーに電気が溜まらず(皮下脂肪に脂肪が着かず)、回復できませんでした。



それでバッテリー液(脂肪酸)が補充出来ないタイプなので


新しいバッテリーを購入し


届き次第再度交換のオペをすることに致しました。






ね?こういう風に妄想していると


人間みたいですよね。


だから寒くてもたまに動かしてご飯あげないと、


可哀想ですよね。反省です。






いやぁバイクってホントにいいもんですね。


あ、でも、人というか鉄の馬だなぁと思うのですが


皆さんはいかがですか(どうでもいい)。