読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

マチルダ可愛い過ぎ。久々に観たレオンとステキな金縛りを通じて感じる役者の重要性。

レビュー
先日、普段行かないのだが、


一見として訪れたBARで


映画レオンを上映していて

f:id:WakWak:20131114131830j:plain

思わず最後まで観入ってしまった(DVD持ってるくせに)。


ジャンレノさん、ナタリーポートマンさんの出世作、でいいのかな。


f:id:WakWak:20131114131843j:plain


内容についての言及はwikiにお任せするとして、





役者について感じたことを。



なにしろ、



マチルダ(ナタリーポートマン演じる子役)、


可愛過ぎ。


ヤバい。


おれ年取ったのかなぁ。しみじみ。




ええと先に言っておくと、この映画大好きで、


そして変な幼女趣味ありませんが、



少々分析を。



久々にレオン観て思ったのは



改めて役者の重要性を感じました。



いうても殺し屋と少女の話じゃないですか。



つまりそんなに凝ったお話では無いわけです。



でも、いい。



やっぱりそれは、役者が素晴らしいからだと思います。



きっと、ナタリーポートマンさんとジャンレノさん


でなければ、


綺麗に埋れて行く映画だったのではと


思うのです。



また、こう思ったきっかけがもう一つ。


つい先日、ステキな金縛りも


観ました。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/ステキな金縛り


こちらも、面白く笑わせてもらったのですが、


こちらもあえて乱暴にいうと、


霊が証言しようとする裁判のお話で


もちろん色々な小技が散りばめられて、


ホロリとくる要素もある


三谷幸喜さんの本ありきですが、



でもやっぱり、西田敏行さんが落ち武者の



霊の役をやられて、豪華すぎる出演者が


周りを固めなければ


面白く無かったと思うわけです。

f:id:WakWak:20131114135252j:plain

だって、この写真の西田さんの代わりに


全然知らないおっさんが


深津絵里さんの横にいても


全然笑えないと思います。



共通して、役者が良くないと、


とても乱暴に言えば、役者さえ良ければ



どんなお話も7割成功するんじゃないかなぁと。


そんな風に感じた二作でした。




ちなみにレオンがいつも大切にしている

植木の植物がありますが

f:id:WakWak:20131114135633j:plain

映画が好きで、真似しておれも育ててます。

このブログの写真にもしている、

f:id:WakWak:20131114135551j:plain

植木のマチルダです。