読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

2014年2月のメモ。雪の遅延を受けて。ここから学ぶこと。

f:id:WakWak:20170509114942j:image 

 

当時のメモです。

 


その日、東京で大雪が降り

 


都内の交通機関が軒並み麻痺したことがありました。

 


未だ覚えてらっしゃる方も多いと思います。

 

 


その時電車の中で

 

すし詰めになりながら

 

考えたことのメモです。

 

 


満員電車の中で扉が閉まったまま、

 

いつ運転が再開するか分からぬまま


長い時間待っていました。

 

 


パーソナルスペースが無い中で

 

普段はそんなことはないのに、

 

「いつ運転が再開されるか分からない」

 

ということが

 

不快で不安な気持ちを招き

 


閉所恐怖症的な

 

パニックになってしまうような、

 

気持ち悪く吐きそうな

 

そんな感覚、気分に少しだけなったのでした。

 

 


心が圧迫される感覚、というか。

 

 

普段はかなりプラス思考で

 

起きないことを考えたりしないのですが。

 

 


満員電車には

 

何かあればこうなる可能性が付きまとっている

 

ということ。

 


すごく怖いなぁと思います。

 


可能なら満員電車には乗りたくないこと。

 

とはいえ都心住まいで必要に迫られれば乗らざるを得ないわけで。

 

災害時の生存確率はぐっと下がるので

 

最近はサボりがちですが

 

小さい水を携帯すること。

 

ミニライトと携帯型バッテリーを

 

バッグに忍ばせること。

 

なんとなく先頭、最後尾の車両は遠慮すること。

 

これくらいは自衛しておかなくては

 

と思ったのでした。

 

貴重な体験をしました。

 


都内の交通麻痺は、ぜんぶ、、、。
http://wakwak.hatenablog.com/entry/2014/02/08/213106


私が小学校の教諭なら。
http://wakwak.hatenablog.com/entry/2014/02/08/153753


今日こそ歌うべきじゃないか。
http://wakwak.hatenablog.com/entry/2014/02/08/145134

 

役に立ちました。
http://wakwak.hatenablog.com/entry/2014/02/10/011831

 

雪の贈り物。
http://wakwak.hatenablog.com/entry/2014/02/26/005548