読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

3億円前夜。あの日私はただ…。

WakWakレポート 日常

f:id:WakWak:20170131084329j:image

 

大学の頃のお話です。

 

当時友人6人と、きっかけは忘れましたが
「3億円を当ててこの夏を買おう!」と盛り上がり資金を持ち寄り、30,000円分(一口5,000円)計100枚の
サマージャンボ宝くじ」を購入しました。

 


1.ノリノリで勇者(買う人)集め。
参加を渋る人には、「当たっても1円もやらないよ?」 と強く念を押しつつ勇者を募りました。 周りはバカばかりなのですぐに集まりました。

 

 

2.売り場探し。
どこの売り場が当たりそうかを探して回り、 気合、超十分で3万円を宝くじと交換。 その時私は、全身に黄金の闘気を纏っていました (後ろにいた友人談)。

 

その日はファミレスで宝くじ片手に大盛り上がり。 すでに当たった気です。

 

 

3.発表待ち。
当選番号発表日まで、宝くじは友人宅の神棚?に奉りつつ、静かに?その日を待ちました。 その間も「なにか(宝くじに)変化は無い?」 「明け方光った気がしたよ!」「やっぱりきてるよ!」 などと、無駄に確認をしたり拝んだり。

 

 

4.当選番号発表前夜。
前夜祭と称してメンバーで呑み会。

 

明日は億万長者だからと、居酒屋にて、すでに当たった気で大盤振る舞いの大盛り上がり。その盛り上がりっぷりは当選者のそれでした。

 

 

5.使い道案。
その後友人宅で一人5000万円の使い道をどうするかでまたも大盛り上がり。 各々真剣に使い道を話し合いました。

 

私「1000万は親にあげることにする。」
他「おぉ!親孝行だねぇ!」
完全に取らぬ狸のなんとかです。

 

 

5’コガネムシ事件。
その夜友人宅にコガネムシが舞い込みました。 我々は3億円の前兆だ、ともうドンチャン騒ぎ。 テンションはピークです。

 

私に至っては使い道を考えすぎて 興奮醒めず、ほとんど眠れずでした。そんなこんなで早朝を迎えました。

 

※後々知ったのですが発表は前日の夕方にテレビなりで放送されていたそうですが、我々は誰一人そのことに気づかず次の日の新聞発表を待つのでした。

 

 

勿体つけて後編(明日)へ続きます。