読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

わらじ物語。

f:id:WakWak:20161222010446j:image


先日友人から教えてもらいました。


正解はない、価値観を問うワークショップです。


宜しければ気軽にお試しください。

 

 

 

下記の文章を読んで


どの登場人物の考えが共感できる(出来ない)かを考えて


順番を付けるというものです。

 

ではご覧ください。

 

 

 

「わらじ物語」


浪人(親同士の決めた上役の娘との結婚を嫌がり、好きであった商家の娘と駆け落ち。浪人となって様々な仕事を転々とした。)


わらじ作りを始めた。ある日、店の番頭に呼ばれ、「丈夫過ぎる。数が売れなくて皆困っている。もっと弱く作ってください」といわれた。彼は「そんなことはできません」と言って辞めた。


つらくて居酒屋に入り酒を飲んでいると、店の主人が話を聞いてくれ、「あなたはえらい。間違っていない。頑張りなさい」と言われた。


彼は工事人夫となって働きに出た。まじめに働いていた。ある日、人夫の一人に言われた。「俺たちと同じように、もう少しゆっくり休んでくれ。時間どおりやられちゃ迷惑だ」と。


帰宅し、妻に話しをした。彼は、思い悩み、村の長老に相談に行った。長老は「そんな話は聞きたくない」と言った。


彼が帰宅すると、妻の置き手紙があった。「実家に行きます。信じております。愛しています」と。

 

物語は以上です。

 

この物語を読んで、悪い(良くない)と思う人から順に番号を付けてみてください。


1,浪人
2,番頭
3,居酒屋の主人
4,人夫
5,長老
6,妻

 

 

 

ココマデです。


いかがでしょうか。


過去10人くらいとこのワークショップをやり

それぞれの見解を聞きましたが


価値観が知れて面白かったです。


下記には


私の考えを記しておきます。


もしやってみようと思われる方は


見てしまうと引っ張られてしまう可能性があるので


回答してからをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私は

5,長老
1,浪人
2,番頭
4,人夫
6,妻
3,居酒屋の主人


の順番です。

理由を書きますと

 

5,長老:≒村の長なのだから話位聞いてよ(そんなこと現場で判断しないよ。という気持ちは分かるけど)

 

1,浪人:世渡り、やり方下手。他に責任を転化し過ぎ(番頭に丈夫なわらじだから高く売れると付加価値の話提案しても良いし、隣で独立して丈夫わらじ店を出しても良いし。

人夫の気持ちを踏まえた動き方もできるだろうし。彼等の意識改善に動いて早く帰れる現場にするか、仕事量増やして賃金アップに動くか。

長老と上手く話して現場に赴かせることも。

状況がそうならそれを踏まえてどう動くかやりようはいくらでもある)。

そしてどうあっても嫁を食わせなよ。そういう意味で1番悪いかも。

 

2,番頭:粗悪品を売るという考えはどうなの(丈夫という、付加価値として別途高く売れば良いのに)。皆んなの売れない状況があるので、取り纏めの番頭の気持ちも分かるけど。

 

4,人夫:最終的に仕事を終わらせていると思うが、サボって少し楽をしているとも取れる。人夫を纏めている棟梁目線ではコスト面、意識面でダメ。さっさと終わらせて早く帰る方向か、仕事量増やして賃金アップに動いても。

 

6,妻:悪くない。浪人を信じて駆け落ちしたのだから、悪いのは浪人。行間を読むとそれまでちゃんと支えていると思うし、実家に帰ったのも商家だから金の工面かもしれない。

 

3,居酒屋の主人:何も悪くない。飲みに来たお客の愚痴聞いて励ますのは仕事の内(アドバイスを聞くも聞かぬも本人の責任)。

 

まぁ独断と偏見に満ちていると思いますが


こんな感じです。


良かったら皆さんの番号お教えください。