読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

軽薄な感じはなぜ受けるのか。

f:id:WakWak:20161127151316j:image


話をしていて

 

軽薄な感じを受けるのはなぜか

 

ということを考えています。

 

 


軽薄な感じを受ける場合、

 

実際に、心を込めて話してない場合と、

 

心を込めている場合とがあると思います。

 

 

 


経験からなのですが

 

自分としては(心を)込めているつもりなのに

 

受け手には軽薄な感じを与えてしまうことがあり

 

その違いはと考えることがありました。

 

 

先日ある方Aさんの話ぶりから


軽薄な感じを受け、

 

またつい先日、


ANAのCAさんの遅延のお詫びの話し方からは

 

とても心がこもっている様に感じました。

 

この違いは何なのでしょう。

 

もしこの受け取られ方に反し

 

それぞれAさんも心を込めていたとしたら

 

こんなに勿体無いことはありません。

 


そこには

 

気持ちを実際に込める+技術

 

があると思います。

 

もっと言えば心を込めていなくとも、


技術でそう感じさせることができるということ

かと思います。

 

未だ答えは出ていませんが


過去を振り返ると


・返事の反応、スピードが速すぎる

→本人としては必死で聞いて返さないと、という気持ち。

→相手はちゃんと考えて言ってる??

 

ある人のやり方は


・伝えたい言葉を、一度掌に乗せて、その上で届ける

→間をおいて、伝える言葉を確認してから伝える、ようなイメージ

 


とのこと。


この辺りはひとつ言えそうです。

 

 


素敵なお詫びの話し方をされたあのCAさんに


やり方を聞きたいです。