読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

脚を開きたい人がこれだけいる。

レビュー ビジネス
f:id:WakWak:20161027230035j:plain


すごくないですか。



広告の通りとするならば



全国に80万人も



本を買って脚を開きたい人が



いるんですね。



これは



小さな衝撃でした。






恐らく、バレエや相撲を習っている方は



当たり前の様に出来ることで



身体が硬いクセに言うのもなんですが



誤解を恐れずにいうと(売れていて凄いという話で、決して悪い意味ではないです)、



特段凄い技術では無い様に感じるのです。



だからこそなのかもしれないですが、



この本は


出来る人はゴマンといるけど


ちょっと出来たらいいよね


というレベルのものが(手が届くかもという絶妙感もあるのかもしれないです)


プロモーション次第(もちろん内容も大切です)で


数十万部の大ヒットする可能性を示唆している



とも取れます。





例えば



「背中で組んだ手をそのまま前に持ってくる方法」



とか



「コサックダンスが難なく出来る方法」



とか



「縄跳びで三重飛びが出来る方法」



とか



「目覚まし五分前に目覚める方法」



とか



「口の中でサクランボの枝を結ぶ方法」



とか。







いかがでしょうか。



どれも出来てもそんなに嬉しくねーわ。



という声が聞こえてきそうですが



例は兎も角として



この本の目線のアプローチというのは



ありなのかもなぁと思います。




本を殆ど読まないので



そんな本ばかりなのかもしれませんが



業界に通じてる方に伺いたいです。





というわけで



どなたかコサックダンスのこととか書いて頂いて



プロモーション一緒に考えたいなと思います。