読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

良い式の作り方。

f:id:WakWak:20161009122348j:plain

先日結婚式を挙げました。





おかげさまで良い式でした。









































身内が。





はい、私はカメラ係でした。




弟がということもありますが




贔屓目を差し引いても




良い式でした。





演出が特段凄いとか




芸能人が応援に駆け付けたとか




よって
主役の2人がゴンドラで登場し
紙テープを投げられるなか
バズーカをぶっ放すとか




そういうことは無かったのですが。




今まで何十と人様の結婚式に参列してきましたが




改めて思ったのは




良い式だと感じるのは




主賓の2人の心や金の込め具合より(それも必要ですが)




参列者から



2人に向けての



祝福の想い。





その総量、密度だと思ったのでした。





披露宴に参加した人数は両家合わせて50名弱と



当人曰く



本当に心許せる人しか呼ばなかったそうです。





私は親族サイドから



カメラマンとして全員の写真を撮りまくる中で



その想いは各所から滲み出ていたように感じました。





ご飯の美味しさも外せないですが




良い式と感じるのは



参列者からの



祝福の想いこそ



重要なのだと思いました。