読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

聞きかじりゲーム。

f:id:WakWak:20150916114113j:plain

「聞きかじりゲーム」



これは最近やっている妄想ゲームです。





通りすがりに、ふと耳に入る一言から




その前後を妄想するゲームです。



正誤の確認は出来ないので(当たり前)




勝手に慮って楽しむというものです。




実例を兼ねて

最近の聞きかじりゲームを紹介します。




「あと何のシールが欲しいの?」


地元で通りすがりの親娘の会話でした。

この聞きかじりを元に前後を妄想します。


母「あと何のシールが欲しいの?」
↓以下妄想。

娘「うん、プリキュアは、やっぱり、全種類集めてなんぼなの!」

母「昨日もそうやってアイカツ買ってあげたでしょ?」

娘「なんぼなの!」

母「我慢なさい」

娘「なんぼなの!!なんぼなの!!なん…」

母「(食い気味で)なんぼのもんじゃーい!
ガシャーン!(ちゃぶ台ひっくり返す音)」

※きっと「なんぼなの」、とか言ってないと思います。

でもしたいように妄想してオッケーです。







「シチューの上のパイに意味はないでしょ」

続いて渋谷で通りすがりのカップルの会話です。


コツは、通りすがる間に

人相と関係性やオーラを見て、それまでの歴史やその場のテンション感を妄想します。



女「シチューの上のパイに意味はないでしょ」
↓以下妄想。

男「いやあるでしょ。さっき崩しながらパイも食べてたじゃない」

女「上に全面貼ってあればそうせざるを得ないじゃない?」

男「そうだけど」

女「ズボってなって、シチュー跳ねるし。ふちに付いてるパイは取らないんだから、もったいないでしょ」

男「じゃ頼まなければ…」

女「違うの。シチューが食べたかったの私は。パイを付けたければ、別に頼んで食べたいわけ」

男「じゃ今度はパイ無しシチューの店にするよ」

女「はぁ〜違うわよ。それなりに満足してるわけ。私が言ってるのはシチューとパイはセットでしょ。って決め付けてる安易な発想がどうなのってことを言ってるの。あなたはいつもそう。私の話の何を…」


彼氏さん、頑張ってください。
※勝手な妄想です。こんな口論には発展してないと思います。







「メガネって顔の一部じゃない?」

新宿で通りすがりの若い女子同士の会話。



A「メガネって顔の一部じゃない?」

↓以下妄想。

B「分かる」

A「あそこのメガネとか」

B「分かる。てかあいつはメガネが本体じゃね」

A「あ〜だね。ウケる」

B「メガネが歩ってる」

A「メガネ」

B「メガネ」









…ええ。


こんな感じかなぁ。


こんなんだったら面白いなぁ。


という勝手な妄想です。


簡単です。


良かったら、お試しください。





ええ。


よく、シアワセものだねぇと言われます。