読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

ジャンプ2015年40号読切「龍刃伝ガガ丸」。ONE PIECE尾田さんの匂いがします。勝手に売れると予想します。

ONE PIECE レビュー

昨日発売の少年ジャンプ40号。


読切を読みました。



昔は隅から隅まで読んでいたので


読切の新鋭作家さんの作品も含め全てチェックしていました。




ですから勿論



大好き過ぎるONE PIECEの作者尾田さんの


本誌デビューも


WANTED!からリアルタイムでチェックしています。




最近は贔屓のまんが(ONE PIECE暗殺教室ワールドトリガー、火ノ丸相撲、斉木楠雄のΨ難等。結構ありますね)


を読むだけですが。


この中だとワールドトリガーも、読切(ROOM303)から贔屓してます。

ジャンプ2015年26号ワールドトリガー103話「 玉狛第27⃣」反省会で1話もたせるお話作りがすごい。





さて本題です。

f:id:WakWak:20150901142720j:plain

第10回 ジャンプ金未来杯のNo.6として掲載

「龍刃伝ガガ丸」

上村勇貴(うえむらゆうき)さん。

f:id:WakWak:20150901142737j:plain


一言で言うと、



「デビュー前の尾田さん」
(の雰囲気に似ている気がします)です。


(上村さん、済みません。悪い意味ではありません。大好きな尾田さんと似ているというのは最大級の賛辞なんです)



画から伝わる荒削りさ(良い意味で)とか気力と熱。


どこかふてぶてしい感じ(良い意味で)。


尾田さんの読切MONSTERSっぽい力強さ。


分かりやすい画と胸熱なお話作り。




週刊連載を描き切るタフネスと


お話作り(キモ)が続く様なら



売れそうな気がするなぁと、勝手に予想します

(この椅子(手の話)は、結構埋まっていますが)。






ストーリーは


日本の戦国っぽい世界観。


天下無双を目指す剣客の主人公が何故か赤子を拾って、


気が付くと子連れ狼的な悪党バッサリいくぜ


という分かりやすいものです。



ONE PIECE好きの方は気になりませんか。


良かったら、今週まだコンビニにありますのでご一読ください。



ちなみに氏の前作が無料で掲載されてます。
こちらものびのびと面白いです。
「ミッドナイト・ナイトメアー」