読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

江の島に行きました。江の島龍神(五頭龍)伝説。

風景 知っ得
f:id:WakWak:20150828011823j:plain

先日縁あって


江の島に行きました。


江の島ビーチには毎年行くのですが


江の島の、頂上まで行くことは初めてでした。



連れて行ってくれた友人には感謝です。


写真は展望台からの眺めです。






さて、ご存知ですか。


江の島には龍神様が眠るんです。


その伝説をシェアします。




f:id:WakWak:20150828005128j:plain
昔々、鎌倉の深沢の沼に
体が一つで首が五つある、
恐ろしい龍が棲んでいました。



f:id:WakWak:20150828005142j:plain
この五頭龍は様々な災いを
周辺の村にもたらし、
長きにわたり
人々を苦しめていました。



f:id:WakWak:20150828005158j:plain
龍の人喰いを恐れた村人達は、
毎年泣く泣く幼子を人身御供に
差し出すようになったのです。



f:id:WakWak:20150828005212j:plain
ところが、欽明天皇13年。
天地を轟かす地鳴りがおこり
海底から島がわき起こりました。
これが江の島でした。



f:id:WakWak:20150828005225j:plain
天からは美しい天女が現れ、
江の島へと舞い降りました。



f:id:WakWak:20150828005243j:plain
五頭龍は美しい天女に
結婚を申し込みました。
しかしこれまでの悪行の数々を
指摘され断られてしまいます。



f:id:WakWak:20150828005259j:plain
五頭龍はこれまでの行いを悔い
改心を誓います。
天女はその言葉を信じ
夫婦となったのです。



f:id:WakWak:20150828005313j:plain
それからというもの五頭龍は、
日々村人達に尽くしました。
しかしその度に
体は衰えていったのでした。



f:id:WakWak:20150828005327j:plain
「私の命もやがておわるでしょう。
これからは山となって
この地をお守りしたい。」
これが江の島の対岸にある龍口山です。



f:id:WakWak:20150828005341j:plain
山の中腹には龍の形をした岩があり
天女を慕うように
いつまでも江の島
見守っているのだそうです。



どうですか?


めっちゃ良い話ですね。


龍神様にお逢いできてよかったです。





観光スポットとしてもめちゃくちゃ良い所です。


そしてパワースポットでした。



とても良い氣を頂きました。感謝です。



f:id:WakWak:20150828012214j:plain


f:id:WakWak:20150828012302j:plain


f:id:WakWak:20150828012401j:plain


f:id:WakWak:20150828012428j:plain


また行きたいです。


機会があれば、是非。