読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

塩分50%カットやさしおのジレンマ。

f:id:WakWak:20150826194849j:plain

いつもと変わらぬ塩味で塩分50%カット。


いつもと同じ分量で使えます。



f:id:WakWak:20150826194909j:plain
ここ(穴)と、「いつもと同じ分量で使えます」を見て



味の素さんのジレンマを感じます。



塩が出る穴の大きさですが



メーカーとしてはなるたけ、大きくしたい。



経験ありませんか。


ドレッシングの穴(口)が大き過ぎて

ドバドバと出てしまったこと。




そうすればさっさと使い切って



回転が良くなる。



つまり売上に繋がるわけです。



長い間マヨネーズが☆以外(小さな穴を)作らなかった様に。



やさしおも例外ではありません。



出来るだけ穴は大きくしたい。



しかし商品特性上、



大きくすれば健康思考のユーザは



きっとクレームを入れてくる(好印象は持たない)。



しかし大きくしないと


ただでさえ


少量で塩味を知覚するので


消費が進まない。



このジレンマに製品企画者は悩まされたハズです(ほんと?)。




そしてこのボディコピー。


「いつもと同じ分量で使えます」


→いつもと同じ分量で使える


→同じ分量かけて良い


→気にせずたくさんかけれる



と、心理的に減塩だから


たくさんかけても平気


という気分に持っていきたい


ギリギリのコピーチョイス(妄想し過ぎ)。




ということで、


折衷案的な穴のサイズとコピーなんだなぁと


しみじみ、天ぷらに振りかけました。



美味しかったです。