読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想族のWakWakレポート

脳内で湧く『妄想』を好き勝手書き散らします。

Googleグラスを手に入れたら旅に出ます。「目線ビジネス」の夜明け。

「目線ビジネス」の足音が聞こえます。


Googleグラス


f:id:WakWak:20140411011027j:plain

未来が来た。グーグルグラス欲しい。 



これを使えば、グラスを掛けて見える世界を録画して

デジタルデータにする事が可能になります。



こうやって撮影された映像データ、

つまり誰かの目線を追体験するというのは、


めちゃくちゃ需要があると思います。




近未来私は、Googleグラスを入手したら様々な地域を旅して、その模様をグラスに録画してUPします。




近い将来、Facebookには


文字での出来事の報告よりも


その時の模様を目線動画をUPしてシェアする時代になると思います。




これをビジネスでいえば、医療手術の先生の目線は、


医者の卵さん達がお金を払ってでも見たい、何よりのテキストになります。


こういう目線の追体験を売買する未来はすぐそこです。



裏方目線のオフ映像の価値。一定数儲かる(と思う)ビジネスモデル。 


ソチオリンピックを観て。こんなのどうかしら。職業目線映像シリーズ。





そして、上述の目線の追体験は、


捉えようによっては


人の「思い出」、「記憶」をコピーして売ることとニアリイコールなわけでして、



マンガの中で語られた、サイバーな未来が

実現するということでもあります。





もう家から一歩も出ないで、

芸能人のあの人の目線を24h追体験し続けることで

もう意識はその芸能人になる、という

映画マトリックスの様な未来も想像出来てしまいますね。



そうそうエッチなビデオのアレって、これなんですよね。

構造的に。